朝霞地区医師会立朝霞准看護学校

学校紹介:学校長あいさつ

学校長写真

朝霞准看護学校へ ようこそ
朝霞准看護学校は朝霞地区医師会が運営している歴史と伝統のある准看護学校です。
1967年に設立され、地域の医療施設に働きながら2年間で准看護師の資格を取ることができます。定員30名ですので教務の先生のキメの細かい指導と、充実した講師の先生方の熱心な授業と、地域の施設での実習により、資格試験は毎年全員合格の実績を誇っています。
また卒業後は同じ朝霞地区医師会立の朝霞看護専門学校に優先的に進学することができますので、看護師を目指す方には最適な学校といえるでしょう。
朝霞地区医師会立朝霞准看護学校は、温かい心を持った、豊かな人間性をそなえた准看護師を育てていく事を目標にしています。朝霞地区医師会は、この地区の医療に貢献できる優秀な准看護師が一人でも多く、この学校から巣立っていかれることを望んで、皆さまを温かく応援し指導していきます。若い方から、子育てをしながらの年配の方まで、働きながらの大変な2年間ですが、お互いによく助け合い励ましあって、全員仲良くまとまって、明るく充実した学生時代を過ごす事ができる、県内唯一の女性だけの准看護学校です。どうぞ勇気を出して学校の門を叩いてみてください。きっと明るい未来が開けてくると思います。多くの方の応募をお待ちしています。

朝霞地区医師会立 朝霞准看護学校 校長 小島武